【完全無料】引越し料金相場と実際の比較ができます!

引越し料金見積もり比較サイト・ズバット!

引越し料金の相場よりも安くする方法をご紹介!

引越しを安く済ませたい!という方は最低、3社に見積もりを依頼して料金の見積りとサービス内容を競合させましょう!!

 

↑私が家族4人で近距離の引越しをした際の見積もり書です。
荷物の箱入れ箱出しをしているので高いですね・・・。

 

※コチラで全国200社以上の見積もりが【完全無料】一括請求できます!
>> わずか1分で申込みOK!料金が最大50%オフになる見積り比較サイトはコチラ!

 

引越し料金には「相場」があります!料金体系の大枠は法律で決まっているので、基本料金に差はないのが実際ですが、プランや作業内容、距離や時間、運搬する荷物の数、オプションサービスで料金は大きく違っていますよ!

 

詳しくはコチラ↓↓のサイトで無料でチェックできますので、確認してみてください。

 

料金の相場をチェックしてみましょう!

こちらでは家族や一人暮らしの等の場合の引越し料金の相場をまとめています。参考にどうぞ♪

一人暮らしの相場・・・レディースパック、単身パックがあります。
単身赴任の相場・・・急ぎや即日にも対応します。
家族(4人)の相場・・・一般的な転勤、長距離等の引越しです。
新築一戸建ての相場・・・新築戸建てに対応した丁寧なプランです。

 

各月の相場はコチラ!

1年を通した毎月の料金相場をチェックしています!
各月の引越し料金相場

 

 

一人暮し・単身赴任の料金相場目安

同一市内・近距離
3万円~5万円前後 
一人暮し対応の荷物一式

 

同一県内の中近距離
3万円~8万円前後 
一人暮し対応の荷物一式

 

県外の遠距離
5万円~15万円前後

 

家族(4人家族)の相場目安

同一市内の家族
5万円~15万円前後
家族4人、近距離の平均相場目安。

 

同一県内の家族
8万円~18万円前後
家族4人、同一県内、船・飛行機を利用しない平均相場目安。

 

県外の家族
15万円~30万円前後
家族4人、県外で2日引越しに必要な場合の平均相場目安。
長距離、船、飛行機を利用する場合、寒冷地対応は割高。隣接県外で近距離の場合は10万円以下の場合も。

 

価格ははあくまで目安ですので、最低でも2、3社の大手業者の見積りを↑で比較してみてください。各種オプションも加えた上で料金面とサービス面を比較するようにしましょうね!
ちなみに完全無料で業者さんの見積もり一括請求ができます。しっかりと価格を比較して引越し料金を節約しましょう!


引越し料金の相場を知れば安心安全でお得にできます!

当サイトでは引越し料金相場を知り、総額の料金を安く済ませること、手間や面倒を業者に負担してもらうことを最大の目的として、引越しをする皆様にお役に立てる情報や引越しのノウハウを提供しています(・∀・)b

 

とにかく、安く済ませるには見積りを競合させるのが第一前提になります。

 

絶対に3社、最低でも2社の業者の見積りをもらい、比較検討して競合させましょう!個人的な経験ですが、新婚時、結婚後の引越しをした際、最大8万円以上も差がありました。更に!実際の費用は8万円より割引した10万円前後を値引きしてもらいました。

 

一人暮らしの相場・・・レディースパック、単身パックがあります。
単身赴任の相場・・・急ぎや即日にも対応します。
家族(4人)の相場・・・一般的な転勤、長距離等の引越しです。
新築一戸建ての相場・・・新築戸建てに対応した丁寧なプランです。

 

料金が高くて心配だから相場を知りたい・・という方も、まずは料金を数社に見積り請求してみる事でだいたいの相場がでてきます。その見積り内容を比較検討した上で、自分たちでできること、お願いしたいこと、時期やスケジュール等を交渉して、予算内でしっかりとした対応をしてくれる業者にお願いしましょう!


時期や曜日、業者のスケジュールで安くなる

引越し料金は新生活シーズンやスケジュールがたて込む曜日(土曜日、日曜日、祝日、祭日)、吉日の大安等は相場よりも高く見積もられる傾向にあります。

 

逆に言えば忙しくない時期や曜日に引越しをすると相場よりも安くなるということですね!

 

業者の本音はいつでも安定して受注を受けることができれば、人件費もムダな時間も省ける!ということですので、業者さんが暇そうな時期に依頼する!ということも考えておくとよいですよ♪

 

ちなみに仏滅等は引越しによくないのではないか!?と思われている方も多いと思いますが、敢えてそのような日にお願いする人もいることを覚えておきましょう!

 

ただ、やはり気持ち的には落ち着かないものです。そのような際は吉日に下記を行うとよいそうですよ♪私はなるべく縁起を担ぎたいので色々と調べました!

 

「前月の縁起のよい日」に大事な家具等を入れて正式な引越しとする。
正式な引越しとして縁起のよい月の縁起のよい日(風水や六曜など)を選んで家財道具や布団、お茶碗やコップ、味噌・醤油などを運び込んでおく、家主が一泊するなどがよいといわれています。

 

仏滅や適さない日の考え方はコチラです。

 

 

お清め・お祓い・ご供養等の神仏儀式をする
神社やお寺の方に相談して、お清めやお払い、ご供養等をしていただく。気持ちがとても落ち着きます。

 

いずれにしても、謙虚な気持ちで新居にお世話になります、これから住まわせてもらいます、どうぞよろしくお願いします、という心がけが正しい引越しではないでしょうか!?

 

料金を値下げするコツとノウハウ・・・値下げ交渉をするためのノウハウです。


安い引越しならコチラで比較しましょう!

↑最大50%OFF!大手引越し会社の見積りを無料で一括取得できます!↑

無料ですから利用しないと損ですよ!


 
更新履歴