【完全無料】引越し料金相場と実際の比較ができます!

引越し料金見積もり比較サイト・ズバット!

引越し見積もり費用の内訳について

一般的に、引越し見積もり費用はどのくらいになって、どのような見積もりを出されるのでしょうか?

 

こちらでは引っ越しの見積もり費用の内訳を紹介していきます!細かい内訳がわかれば、引っ越し料金の概算もわかるので、だいたいいくらくらいを引っ越し作業の費用として準備しておくと良いかがわかりますよ♪

 

計算は↓の情報が埋まっていくとだいたいの概算でてきます!

 

「荷物の量(容積)」
荷物の総量になりますが、要は1トントラック、2トントラック、3トントラック、4トントラックに積み込める容積がどのくらいか?になります。
通常、一人暮らしの学生さんレベルなら1トントラックか2トントラックくらいで充分です。

 

「移動の距離」
移動の距離は基本的には100キロ以内であれば定額相場になります。引越し運送にかかる費用、料金は、距離制または時間制をとっています。近距離の引越し、市内、県内レベルの引越しなら安くできると想定できますね。逆に中途半端な距離なら絶対に引越し業者に依頼するほうが、時間も労力も車のガソリン代も節約になります!

 

「スタッフ人員」
エレベーターががない、トラックが近くに駐車できない、大きい家電、家具が多いという場合はスタッフ人員が必要となります。スタッフは一人暮らしの引っ越しの場合、トラックの運転で一人という場合が多いですが、荷物の荷出し、荷入れ等で二人というパターンが多いですね。

 

「オプション」
荷物の箱入れ、箱出し、女性専門のレディースプラン、エアコンの取り外し、取り付け、エアコンの分解清掃サービス、洗濯機の電源、接地工事、テレビアンテナの取付などなど俗にいうオプション作業です。

 

 

↑の作業、実費に加えて、季節、日時的な要因、営業マンの考え方で変わってきます。

 

当然、3月、4月の新生活、進学、就職時期は引越し料金の見積もりは繁忙期として相場が高くなります。

 

詳しくはコチラで説明があるので、チェックしてみてください。

 


↑ 【最大50%割引!】ズバット引越し比較 (引越し料金の相場が説明されてます。)

 

参考になると思いますので、是非御覧ください

引越しスタッフの人件費はいくら?

引越しを依頼した場合、大手引越し業者さんのスタッフ一人あたりの人件費は大体の相場として1万5千円前後を請求されます。
(大手引越し業者さんですが、だいたいの業者さんも同レベルです。)

 

引越しする場合、現在の住居や新しい住居がマンションやアパート、一戸建てで大きい荷物が多く、エレベーターなどもないという場合、または住宅の近くに引越し会社のトラックが駐車できない、細い道で荷物を人間が運ばないといけない・・・という場合は引越しスタッフの人件費が上乗せされると考えておくと良いですね。

 

ですので、引越しの際は大きい家具、家電、ベッド、食器棚、ダイニングテーブル、ソファー、作業台などのエレベーター等がなく、人の力で動かさないといけなくなる荷物はできるだけ、リサイクルだったり、古物商、買取店に売る、処分することをオススメします!

 

>> 不要品、家電、家具等のリサイクルについてはコチラで説明しています。

安い引越しならコチラで比較しましょう!

↑最大50%OFF!大手引越し会社の見積りを無料で一括取得できます!↑

無料ですから利用しないと損ですよ!